道産子(北海道和種馬)飼育日記

埼玉県で道産子3頭を飼育しながら都内へ通勤しています。

再度挑戦

9月17日

20日は会社を休んで4連休。

夏休みは取らず、子馬が生まれたら1週間くらい休もうと思ってたけど、そこまで休めなかった。

 

17日午前中、近々自宅で道産子の飼育を始める知人が来た。

人手があるときがチャンス。

もう一度、楽も含めた3頭で放牧してみようと思った。

 

楽は、みんなが陽のことばかりかまうため、すっかりスネてしまっている。

これまでは、人が来ると愛想を振りまいていたのに、放牧場の端っこでうつむいていたり、私が行くと、やたら顔をすり寄せてきたりする。

 

メスは出産後、すぐ発情がくると聞いているが、詩はまだのようだった。

獣医さんに、楽の去勢をお願いしていたが、涼しくなってきたせいか、予約が殺到しているとか。

「まあ、もし付いちゃったら、もう一頭育てれば?」と獣医さんは笑っていたが、昼夜放牧を続けるためにも、早く来てくれたらいいなあ…。

 

知人にこれまでのいきさつを説明して、3頭を一緒にしてみた。

楽は、いつも馬房の中をのぞき見しているせいか、陽の存在にも慣れていたようだ。

詩も出産直後に比べて落ち着いてきていたせいか、拍子抜けするほど平和だった。

 

陽は、父と母の区別がつかないらしい。

楽のおっぱいを探して、ないことがわかると、ヒヒーンと鳴きながら詩を探して走り回る、ということがたびたびあった。

 

左から陽、詩、楽

f:id:yutakanakandonostage:20160925091955j:plain

 

にほんブログ村 その他ペットブログ その他ペット 多頭飼いへ
にほんブログ村

ペット・動物との暮らし ブログランキングへ