道産子(北海道和種馬)飼育日記

埼玉県で道産子3頭を飼育しながら都内へ通勤しています。

陽の血統登録

先日、日本馬事協会の方が、陽の血統登録に来てくれた。
登録の申し込みをしたときに、けっこうお金がかかるのかと思っていたら、在来馬のキャンペーンかなにかで、タダということだったのでラッキーだった。

 

登録は、実際に馬を見て確認するだけなのかと思ったら、両親である楽と詩の体高や胴回り、足の長さ、太さを測ったり、かなり細かくチェックしていた。
陽のほうは、毛色は月毛ということだった。

 

ひととおり終わって、楽と詩の登録書の原本を渡して、書類に印鑑を押した。
1ヶ月後くらいに、陽の登録書が届くということだった。

 

ところで、陽の額には白い毛がある。
額に白い毛があると、道産子とは認定されず、日本ポニーになると聞いていた。
陽は大丈夫なのかということと、前から疑問だった、楽が芦毛という件。
道産子には、粕毛という芦毛によく似た毛色があるけど、どう見分けるのか聞いてみた。

 

日本馬事協会の方は親切に教えてくれて、もう一度馬たちのところへ向かうと、馬の顔を見ながら説明してくれた。
「たとえば、まつ毛やまつ毛の上のほうが白かったりすると芦毛で…」
「あっ…!」と協会の方は言った。

 

額の白い毛がわかったのだろうか。
やっぱりポニー?
芦毛だ。」と協会の方。
えっ?芦毛
「この子馬は芦毛です。ほら、まつ毛とその上の部分、目の周りも、額のほうまで白いでしょう。これが芦毛なんです。」

 

そうなんだ…。余計に混乱するかも。

 

確実に判断する方法として、毛を取って行って毛根を見れば、芦毛の遺伝子があるかどうか確認できるという。
そこまでやる人いるんですか?と聞いたところ、馬術などの世界では、高価な馬は毛色も重要になるから、確かめる人もいるということだった。

 

「そうですか。楽も陽も白くなるんですね。」と言うと、
「そうですね。でも、もし将来白くならなかったら、またご連絡ください。」と協会の方は言って、さわやかな笑顔で去っていった。

 

「毛色、よく見てみ」と言わんばかりの陽。

f:id:yutakanakandonostage:20161121230409j:plain

「ほら」

f:id:yutakanakandonostage:20161121230452j:plain

「ほらほら~」 …よくわからないということがわかっただけでも収穫だった。

f:id:yutakanakandonostage:20161121230603j:plain

にほ

んブログ村 その他ペットブログ その他ペット 多頭飼いへ
にほんブログ村

ペット・動物と の暮らし ブログランキングへ