道産子(北海道和種馬)飼育日記

埼玉県で道産子3頭を飼育しながら都内へ通勤しています。

馬たちとマコっちゃんとオダちゃん

楽がうちに来たのは、2015年1月、生後8ヶ月のときだった。

 

広い牧場で自然交配によって生まれた楽は、人に触られた経験がほとんどなかった。
うちに来てから、毎日少しずつ体に触るようにして、だんだんブラシをかけたり、タオルで体を拭いたりすることができるようになっていった。

 

鞍を付けられるようになると、今度は馬房の中で、跨がったり降りたりを繰り返し、いよいよ人が乗って引いて歩く段階にきた。

 

これまでは、ひとりでも何とかなったけど、誰かが乗って、誰かがリードを引くとなると、もうひとり必要になる。

 

というわけで、この冒険的な挑戦に付き合ってくれたのが、馬房を作ってくれた大工さん、そして、放牧柵を作ってくれた車屋のマコっちゃんだった。

 

以前、ボランティアをやっていた牧場で知り合った2人だけど、彼らは修繕などの仕事をしていて、直接馬に関わることはなかった。
それでも、馬たちのことを大切に思ってくれていて、いざというときは、いつも力になってくれた。

 

大工さんが週末に来ていた頃は、どちらかが乗って、どちらかが引くという練習をしていた。
最初はほんの数メートル、慣れてくると、丸馬場で1周2周と引いて歩けるようになった。

 

ところが、大工さんが会社の社長になってしまい、忙しくてしばらく来られなくなってしまった。

 

そこで、マコっちゃんに助けを求めた。
マコっちゃんは、さらに助っ人を連れて来てくれた。
放牧柵を作るときも手伝ってくれた、友達のオダちゃんだった。

 

もうある程度、引いて歩くことはできていたけど、この日、2人が来てくれたことで、私の手が空いて、初めて写真を撮ることができた。

 

ちょっと心配したけど、2人に懐いていた楽は、落ち着いて歩いてくれた。

 

やっとここまで来たんだなあと、忘れられない、思い出の日になった。

 

 

うちに来た頃の楽。タヌキみたいな顔をしていたので、タヌ吉と呼んでいた。

f:id:yutakanakandonostage:20170111003618j:plain

 

だいぶ大きくなった楽。マコちゃんに鞍の付け方を説明して、馬房の中で付けてもらった

f:id:yutakanakandonostage:20170111003738j:plain

 

引いて歩くところを撮れたのは、これがはじめてだった。

f:id:yutakanakandonostage:20170111003810j:plain

 

にほんブログ村 その他ペットブログ その他ペット 多頭飼いへ
にほんブログ村

ペット・動物との暮らし ブログランキングへ