道産子(北海道和種馬)飼育日記

埼玉県で道産子3頭を飼育しながら都内へ通勤しています。

初めての外乗は危険な香り?

ここ最近、馬たちを外へ連れて行ってみたい、外乗と言って、外で乗ってみたいと思うようになった。

 

なので、週末になると、陽にハーネスを付けて、それを詩の鞍に付けて、丸馬場の中で一緒に歩く練習をしていた。

 

ただ、楽と詩には誰かが乗って行かなければならないので、もうひとり、馬に乗り慣れた人がいるときにお願いしようと思っていた。

 

先日、長く流鏑馬をやっている知人が来て、楽と詩に乗った。
うちには何度か来ているけど、久しぶりだった。

 

いい機会なので、ちょっと外へ出る練習に付き合ってほしいと頼んだ。

 

馬たちは、初めて外へ出るわけで、もし興奮すれば何が起こるかわからない。
図太い詩はともかく、気が小さい楽は、ちょっと不安材料だった。

 

というわけで、「私が詩に乗る」と言うと、「えっ?」という知人。
「いや、そっちが乗れば?」「いやいや、どうぞどうぞ」というやり取り。

 

馬たちの初めて物語には、いつも人間たちの”ゆずり合い埼玉”、またはダチョウ倶楽部の”どうぞどうぞ”のような話が付き物になる。
結局、知人が楽に乗ってくれることになった。

 

まず、陽にハーネスを付けて、詩の鞍に付ける。
最初に丸馬場の中を歩くと、もうだいぶ慣れていた陽は、トコトコ付いてきた。
様子を見て、畑の放牧場へ。
こちらも、問題なくトコトコ付いてきた。

 

これなら大丈夫かな、と、いよいよゲートを開けて初めての外へ。

 

ところが、陽のハーネスが、軽くゲートに引っかかってしまい、陽が突然バタついた。
いつもなら無反応な詩も、初めて出る外への緊張感で、一緒にバタついてしまった。

 

そこで、止まったまま落ち着ける…、馬も自分も。

 

楽は、少しは緊張していたようだけど、思ったより落ち着いていた。
詩は、なかなか緊張感が解けなかったけど、少し歩いては立ち止まり、じっと何かを考えているようだった。
意外にも陽は、一番緊張感なく、トコトコ付いて来ていた。

 

ゆっくり放牧場の周りを半周して、家に戻った。


帰ってきてしまえば、「はやくご褒美のリンゴちょうだい」という、いつもの馬たちに戻っていた。

 

最初はなかなかちゃんとついて来なかった陽。詩を引いて歩きながら練習した。

f:id:yutakanakandonostage:20161219001805j:plain

 

慣れてくると、人間が詩に乗った状態でついてくる練習をした。

f:id:yutakanakandonostage:20161219001952j:plain

にほんブログ村 その他ペットブログ 

その他ペット 多頭飼いへ
にほんブログ村

ペット・動物との暮らし ブログランキングへ