読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道産子(北海道和種馬)飼育日記

埼玉県で道産子3頭を飼育しながら都内へ通勤しています。

子馬の授乳期間と離乳

馬の乳房は牛と違い、乳汁を溜めておけない構造なんだとか。
そのため、子馬は短い時間にしょっちゅう、おっぱいを飲んでいる。

 

傍目からは、あまり飲んでいないように見えて、栄養が足りているのか心配になる。


それでも、生まれた頃はまだ抱っこできるくらい、たぶん30キロくらいだった陽は、生後1ヶ月で、もうとても持ち上がらない重さになっている。
50キロは超えているんじゃないかと思う。

 

最近は、牧草を口に入れてモグモグしながら、少しは飲み込んでいるように見える。
だんだん母乳より牧草のほうが主食になっていくのだろう。

 

北海道で見学したいくつかの牧場では、生後半年くらいになると、子馬だけトラクターにつないで引っ張ってきて、母馬から離してしまうと聞いた。
強制的に離乳させるのだ。

 

うちはどうしようか…いろいろな人の意見を聞いてみた。

 

ペットとしてポニーを飼っている知人の話によると、子馬は母馬から守られ、人間からもチヤホヤされているため、ワガママになりやすい。
だから、時期が来たら離乳させ、自立させたほうがいい、という意見。

 

有志で馬を飼育している団体、かんな馬の会では、なるべく自然にまかせた飼育をしている。
なので、強制的な離乳はさせない方針。
母馬の乳はだんだん出なくなるし、母馬も授乳を嫌がるようになるから、自然に離乳するということだった。


陽のことは、今すぐには決めず、これからの様子を見ながら決めていこうと思う。

 

3頭の食事風景

f:id:yutakanakandonostage:20161011224201j:plain

 

にほんブログ村 その他ペットブログ その他ペット 多頭飼いへ
にほんブログ村

ペット・動物との暮らし ブログランキングへ