道産子(北海道和種馬)飼育日記

埼玉県で道産子3頭を飼育しながら都内へ通勤しています。

虫vs馬&人間

一日中外にいる馬たちは、寒さ、暑さ、雨や風のほかに、虫という天敵がいる。

 

夏には蚊が大量に飛んでいて、どうしたらいいか、いろいろ頭を悩ませているけど、なかなかいい方法が見つからない。

 

場所によっても虫の種類や数が変わるようで、近所で馬を飼っている人の話を聞いてみても、蚊が特に多いところ、アブが多いところ、家畜を刺すサシバエが多いところ、いろいろある。

 

こちらに引っ越してきてから刺されるようになって、いまだに正体のわからない虫がいる。
これに刺されるとすごく痛いしかゆいし、1週間ぐらい腫れているときもある。
ブヨ?かと思ったけど、ブヨよりも小さい存在を感じる。

 

ネットで調べてみて、もしかしたらヌカカという虫じゃないかなあと思っている。
3~5ミリのブヨに対し、1ミリ~数ミリの、糠のように小さい蚊。
服の中にまで入ってきて刺す、春と秋に多い。

 

馬たちも、目の周りや足の付け根など、毛が薄い場所を刺されているようだった。
蚊なんかより、こっちのほうがよっぽど問題だということに気づいて、どうしたらいいか、考えているうちに冬になってしまった。

 

ネットで見た虫対策の中には、殺虫剤を吹きかけた蚊帳を外に設置して、蚊帳の中に虫を引き寄せる誘引剤を入れておく、というのがあった。

 

ドライアイスなど、二酸化炭素が発生する誘引剤を目指して、蚊帳の中へ入ろうとした虫が、蚊帳に接触して死ぬ、らしい。

 

…ホントにうまくいくんだろうか。


外でどうやって蚊帳を設置するか、ということも含めて、春までには何かいい方法を考えてみたいと思う。

 

 

最近は雨が多かったので、少し砂が敷いてある丸馬場が昼寝には気持ちいいらしい。

f:id:yutakanakandonostage:20161201231120j:plain

 

にほんブログ村 その他ペットブログ その他ペット 多頭飼いへ
にほんブログ村

ペット・動物との暮らし ブログランキングへ