道産子(北海道和種馬)飼育日記

埼玉県で道産子3頭を飼育しながら都内へ通勤しています。

陽のはじめてのひとりごはん

馬たちにエサをやるとき、陽が生まれてからは、楽を馬房に入れて、詩と陽は一緒に食べさせていた。


馬たちは、群れができると、上から下まで順位が決まってしまう。
みんな一緒にエサをやろうとすると、上の順位の馬が独り占めしてしまうことがある。


楽と詩では、詩のほうが順位が上で、2頭一緒にエサをやると、詩が楽を威嚇して、エサを独り占めしてしまう。


陽は、これまでは問題なく詩と一緒に食べていた。


ところが最近、詩は陽のことも時々威嚇するようになった。
陽も大きくなれば、群れの一員として、ボスの詩には遠慮しなければならなくなる。


というわけで、陽の新しい飼い桶を買った。
これからは、3頭別々にエサをやろうと思った。


日曜の朝、楽と詩をそれぞれの馬房に入れて扉を閉めた。
3頭それぞれの飼い桶にエサを入れた。


3頭ともすぐに食べはじめた。
ところが、陽はすぐに落ち着かない様子をみせた。


馬房の扉は閉めてあっても、入れないだけで、楽と詩は目の前に見える。
それでも陽は、不安そうにウロウロしはじめ、エサどころではないようだ。


普段はヤンチャで我が物顔の陽。
意外な一面を見た気がした。
気が小さい楽の子だなと思った。


仕方なく、陽のひとりごはんは諦め、詩の馬房の扉を開けると、陽は自分のエサを残して、詩の馬房に入って一緒に食べはじめた。



落ち着かない陽
f:id:yutakanakandonostage:20170130225655j:plain


お父さんお母さんを見つめる陽
f:id:yutakanakandonostage:20170130230114j:plain


陽のエサは、あとで詩が食べてしまった。
f:id:yutakanakandonostage:20170130230431j:plain


ボクはひとりごはんはまだ結構ですから…。
なんだかしおらしい雰囲気になっていた。
f:id:yutakanakandonostage:20170130230752j:plain



にほんブログ村 
 その他ペットブログ その他ペット 多頭飼いへ
にほんブログ村

ペット・動物との暮らし ブログランキングへ