道産子(北海道和種馬)飼育日記

埼玉県で道産子3頭を飼育しながら都内へ通勤しています。

馬たちと牧草

馬たちのエサは、近くの酪農協会から乾草の牧草を購入している。


牧草の種類はいろいろあるけど、うちではイタリアンストローという牧草を主に与えている。

 

最初は、チモシーという牧草を与えていた。
チモシーは栄養価が高く、馬たちの好物だけど、うちの馬のように、食べて寝て遊んでいるだけの道産子の場合、ちょっと栄養価が高すぎるらしい。

 

道産子はもともと、北海道で雪を掘り返して笹を食べて生きてきたような馬だから、少ない栄養分で問題ないそうだ。

 

以前まだチモシーを与えていたとき、予防接種に来た獣医さんに、これ以上太らせないよう注意された。
獣医さんは、その辺の草刈って与えておけばいいよ、と言っていたけど、草を刈る手間と時間はとても確保できない。

 

そこで、チモシーに比べたら栄養価の低いイタリアンストローに変えたのだった。

 

値段のほうは、チモシーが1キロ約70円なのに対し、イタリアンストローは1キロ30円を切るくらいで、飼い主のお財布にも優しい価格になっている。

 

馬たちには、1日1頭4キロくらい牧草を与えている。
よく、馬を飼うってお金がかかるんでしょう?といわれるけど、この話をすると、会社の先輩から「うちの犬のほうがエサ代高いわよ!」と言われる。

 

ひとつ、ワンちゃんより苦労があるのは、牧草の重さだと思う。
何頭も飼育している牧場なら配達してもらえるが、うちのように少ない頭数だと、軽トラで自分で取りに行く。
積むときはフォークリフトみたいなので積んでもらい、帰ってきて自分で下ろす。

 

チモシーの場合、1梱包で約30キロ。
これは何とか持って運べる。

 

イタリアンストローの場合、1梱包で約55キロ。
これはどうにもならない。

 

ここは工夫しかない。
軽トラの荷台からうまく一輪車に落として、物置までどうにか運んでいる。

 

 

陽がエサを食べるようになった頃、よく物置に入りたがった。

f:id:yutakanakandonostage:20170117224144j:plain

 

たまに思い出すとハーネスを付けて、詩と一緒に歩く練習をやっている。

f:id:yutakanakandonostage:20170117224317j:plain

 

この日は夕焼けがきれいだった。

f:id:yutakanakandonostage:20170117224530j:plain

 

にほんブログ村 その他ペットブログ その他ペット 多頭飼いへ
にほんブログ村

ペット・動物との暮らし ブログランキングへ