読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道産子(北海道和種馬)飼育日記

埼玉県で道産子3頭を飼育しながら都内へ通勤しています。

陽が生まれた日、の翌日

陽の誕生とは直接関係ないけど、激動の半生を生き、地元では半ば伝説となっている人がいる。

 

車屋のマコっちゃんのオヤジさんの話を、ほんの少しだけさせてもらおうと思う。

 

あれは、陽が生まれた日の翌日、去年の9月10日のことだった。
前日は母と一緒にずっと子馬を見ていて、休んだのは深夜になってからだった。

 

朝6時半ごろ、どうも庭に人の気配がするなあと思った。
しばらくして、もう起きていた母の、あら!という声が聞こえた。

 

庭にいたのは、マコっちゃんのオヤジさんだった。

 

オヤジさんは以前、何度かうちに遊びに来たことがある。
そのとき、うちの庭が草ぼうぼうになっているのを見て、ずっと気にかけてくれていた。

 

何しろ去年は、年明けから父が倒れ、6月に他界し、ただでさえロクに草刈りをしないうちの庭は、忙しさでまったく手を入れることができず、確かにすごいことになっていた。

 

オヤジさんは朝っぱらから、黙々と草を刈ってくれていたのだ。

 

まだ暑い季節で心配したが、オヤジさんは時々、「冷たいお茶ちょうだい!」と元気に声をかけてきた。
お茶を飲みはじめれば2時間ぐらいパワフルに語り、そしてまた草刈りをする。

 

すさまじい体力だ。

 

本職は車屋さんだけど、犬の訓練士としてもプロレベルで、動物にも詳しいオヤジさん。
子馬を見に、ご近所さんや友達が来るたび話しかけていた。
中には、このオヤジさん誰…?と驚く人もいたけど、オヤジさんはそんな小さなことは気にしない。

 

オヤジさんは、「この家には何もないからね!」と、趣味で集めているコレクションを持って来て、玄関に飾ってくれた。
何もなかった殺風景な玄関は、一気に華やかな雰囲気になった。

 

最後の最後まで、油断は禁物だった。
夕方帰ろうとしたオヤジさんの車は、エンストしていた。
「息子さん呼びましょうか?」と、思わず母も爆笑していた。

 

愛すべきオヤジさん…。

 

会社の先輩に、この日の出来事を延々とメールしたところ、「ところで子馬はどうしたのよ?子馬は」と返信がきた。

 

子馬の誕生をも上回るインパクトを残してくれたオヤジさんのおかげで、この日もまた、楽しくて、少し変わった思い出ができた。

 

 

生まれた翌日の陽は、”馬”というより、別の生き物みたいだった。

胎内で母体を傷つけないため、蹄は白っぽいカバーのようなものが覆っていた。蹄餅というらしい。

f:id:yutakanakandonostage:20170112225550j:plain

 

まだあまり目が見えなかったせいか、人間にも警戒心があり、詩のそばを離れなかった。

f:id:yutakanakandonostage:20170112225658j:plain

 

オヤジさんの店。オヤジさんはミニマリストにはなれないと思う。

先日、オヤジさんの新しい夢を教えてもらった。実現したら、と考えると、ワクワクしてしまうような楽しい夢だった。

f:id:yutakanakandonostage:20170112225829j:plain

 

オヤジさんが来た後のうちの玄関。オヤジさんの魂を感じる。

f:id:yutakanakandonostage:20170112225918j:plain

 

にほんブログ村 その他ペットブログ その他ペット 多頭飼いへ
にほんブログ村

ペット・動物との暮らし ブログランキングへ