道産子(北海道和種馬)飼育日記

埼玉県で道産子3頭を飼育しながら都内へ通勤しています。

新たに馬を飼い始める

8月ごろ、かんな馬の会という、有志で馬を飼育している団体の方からの紹介で、柴崎さんという方が群馬から遊びに来てくれた。

 

柴崎さんは、今年の4月に馬の会で生まれた子馬を引き取る予定になっていて、準備を始めたところだった。
陽が生まれた後も、何度か来てくれて、馬たちをかわいがってもらっていた。
私が教わっている馬の先生が来たときには、先生とも熱心に話をしていた。

 

先日、いよいよ馬を引き取るという連絡をもらった。
自分のことのようにワクワクして、ぜひ見学させてほしいとお願いして、初めてお邪魔した。

 

私が着いたときには、まだ馬は到着していなかったので、まず見学させてもらった。
大きな農家のお家で、敷地は広いし、立派なログハウスを一軒自作してしまうほど、何でも自分で作ってしまうそうだ。

 

自宅の敷地に馬房と小さい放牧場が作られていて、冬はそこで飼育するということだった。
そして、夏は広く見晴らしのいいところに放牧場があり、昼夜放牧する予定だという。

 

素晴らしい環境だった。

 

しばらくして、かんな馬の会の馬運車が到着した。
馬の会で生まれた、アオバくん。
柴崎さんは、アオくんという呼び名に決めたそうだ。

 

生後8ヶ月の男の子で、お母さんが道産子、お父さんが木曽馬。
この子が生まれた翌日、馬の会へ行ってアオバくんを見せてもらった。
小さくて弱々しかった赤ちゃんは、今は凛々しい子馬になっていた。

 

アオくんは、馬の会から柴崎さんに引き渡され、放牧場に入った。

 

馬房の扉は開けてあったが、アオくんは、警戒して入ろうとせず、仲間を探してウロウロしながら何度も鳴いていた。
切ない別れでもあるけど、幸せになる新しい出発でもある。

 

柴崎さんの喜びと少しの不安も、馬の会の方たちの別れへの思いも同時に感じて、感動的な場面だった。

 

この場に立ち会わせてもらえて、本当によかった。

 

 

馬運車の中。少し緊張気味のアオくん。

f:id:yutakanakandonostage:20161228053059j:plain

 

放牧場に入った。

f:id:yutakanakandonostage:20161228053159j:plain

 

馬運車から降りる

 

かんな馬の会から柴崎さんへ。アオくんの新しい馬生が始まった。

 

馬房へは最初は入ろうとしなかった

 

夏の放牧場からの絶景。トンビの大群をはじめて見た。

 

にほんブログ村 その他ペットブログ その他ペット 多頭飼いへ
にほんブログ村

ペット・動物との暮らし ブログランキングへ