道産子(北海道和種馬)飼育日記

埼玉県で道産子3頭を飼育しながら都内へ通勤しています。

楽の跛行

今年に入ってすぐ、楽が詩に乗っかろうとして詩に蹴られ、しばらく前足を痛めていた。
楽は、詩に発情をうながしたのだと思うけど、詩は妊娠していたので受け入れなかった。

 

馬たちの群れでは、発情していないメスにはオスは近寄らないという。
どうせ蹴られるからだ。
楽はまだそのことがよくわかっていなかったんだろうと思う。
よく詩に乗っかろうとして、蹴られていた。

 

その後、楽はどうも右後ろ足を痛めたようだった。
歩いているときは気が付かなかったが、速足をさせたときに、跛行している、今は差別用語になるのだが、わかりにくいので、つまり軽いビッコなのがわかった。

 

この跛行は、ちょっと原因がわからず、しかも長引いていた。
獣医さんに聞くと、「まあ大したことないでしょ。様子を見たら」と言われた。
なかなか治らないので、もう一度聞いてみると、「大したことないだろうけど、カルシウムをやってみたら」と言われた。

 

獣医さんによると、カルシウム不足で跛行することは珍しくないのだとか。
笹や篠にはカルシウムが多いので、切ってきてあげたらいいと言う。

 

笹で思いついたのだけど、道産子は、北海道の山の中で、特に冬は笹を掘り返して食べて生き延びてきたと聞いている。
道産子たちは、笹をとてもたくさん食べてきたのだ。

 

とはいっても、毎日笹を取ってくるのは、平日はちょっとムリだなと思った。
そこで、いつもエサを買っている酪農協会で、カルシウム飼料を買って与えるようにした。

 

それから1ヶ月、跛行は少しよくなっている。
もしかすると効果があるのかもしれないので、カルシウムは続けてみようと思う。

 

詩に乗ろうとしていた楽

f:id:yutakanakandonostage:20161115233305j:plain

 

固いエサのヘイキューブを食べようとする陽。食べ切れなくて、詩が食べてしまった。

にほ

んブログ村 その他ペットブログ その他ペット 多頭飼いへ
にほんブログ村

ペット・動物と の暮らし ブログランキングへ