道産子(北海道和種馬)飼育日記

埼玉県で道産子3頭を飼育しながら都内へ通勤しています。

楽との出会い

2014年12月、うちに迎える馬を決めるため、北海道の牧場に行って、その年に離乳したばかりの馬たちを見せてもらった。


離乳したばかりの生後半年ほどの子馬たちは、昼間は柵に繋がれ、夜は馬房に入る。
1~2週間ほどで、子馬だけの群れにして、また山へ放牧するそうだ。

 

離乳直後の1~2週間、昼間繋いでおく理由は、約半年後にセリに出すためだった。
トラックの中で繋いだり、セリで繋がれた状態でじっとしていなければならないため、繋がれておく調教だけは必要なのだ。

 

私としては、馬を引いてみて決めたいと思ったのだが、引く調教はしていないので、難しいかもしれないということだった。
危ないからヘルメットと安全靴で来てほしいとも言われた。

 

行ってみると、確かに野性味が強い馬たちだった。
人の手が入らないと、こういうものなのかなと思った。
人間が近づくだけでバタついてしまう馬もいて、繋いでおくことはできても、まずトラックにどうやって乗せるんだろう、と思った。

 

その中で、隣の馬にちょっかいを出して蹴られている馬がいた。
引いてみると、トコトコついてきた。
止まると、ふざけて服を噛んでくる。
人懐こくて、好奇心旺盛、明るい性格だなと思った。

 

楽が、あの時のことを覚えているのかどうか、わからない。
うちに来るために、牛を乗せたトラックに馬1頭だけ乗せられ、馬のいない環境に来て、初めは私たちのこともずいぶん警戒していた。

 

今はすっかり甘えん坊で、気が小さくて、大人しい性格になった。
環境の変化が影響したのだろうか、本当は元々そういう性格だったのか、それとも詩が強すぎるのか…。

 

去勢もしていない、しかも未調教のオス馬なんて、素人に飼える訳がない、とあちこちから散々言われてきた。

 

なので、こちらも決死の覚悟をしていたつもりだったけど、拍子抜けしてしまった。

 

 

北海道にいたときの楽。2014年12月、生後7ヶ月。

f:id:yutakanakandonostage:20161101233000j:plain

鞍を付ける練習中。2015年5月。

f:id:yutakanakandonostage:20161101233154j:plain

にほんブログ村 その他ペットブログ その他ペット 多頭飼いへ
にほんブログ村

ペット・動物との暮らし ブログランキングへ