道産子(北海道和種馬)飼育日記

埼玉県で道産子3頭を飼育しながら都内へ通勤しています。

詩との出会い

詩は、生まれてから去年の9月、3才でうちに来るまで、北海道大学の静内牧場にいた。

 

北大では、種の保存のため道産子を繁殖している。
他の多くの道産子牧場と同じで、春になると繁殖牝馬の群れの中に種馬を1頭入れる。
翌年春に生まれた子馬は、離乳後、オスのほぼ全頭、メスは繁殖に残す馬以外、毎年セリに出されている。

 

昔は、農業や運搬などの労働に使われた道産子だが、今はセリに出されても、ほとんどが食肉用の肥育牧場に買い取られていく。

 

詩は離乳後、セリに出荷されるはずだったのだが、トラックに乗る直前に足をバラ線で切ってしまい、その年は出荷できなかった。
楽と同じく、それまではほとんど人の手が入っていなかったが、ケガの手当てを受けたことで、人に触られることに慣れていった、と聞いていた。

 

メスで残っているのは繁殖牝馬だけなので譲れないが、この馬は今年のセリに出すからいいよ、ということで、その年のセリ値で譲ってもらえた。

 

年も楽より上だったし、うちに来たときから落ち着きと貫禄があった。
まるで、ずっと前からうちにいたような雰囲気があった。
人懐こく、でも、楽に対しては強気で、2頭の間では主導権を取った。

 

今年の春、詩は削蹄もしたし、初めての予防接種も受けた。
どちらも、楽よりも緊張しているように思えた。
考えてみたら、まだうちに来て半年しか経っていなかったし、完全には環境に慣れていなかったのかもしれない。

 

楽のときは慎重にやっていた乗るための調教も、詩のときは多少雑になってしまった。
なんとなく大丈夫そうだったので、いろいろ急いでしまったような気もする。

 

うちに来て2日後の詩

f:id:yutakanakandonostage:20161024072101j:plain

にほ

んブログ村 その他ペットブログ その他ペット 多頭飼いへ
にほんブログ村

ペット・動物と の暮らし ブログランキングへ