道産子(北海道和種馬)飼育日記

埼玉県で道産子3頭を飼育しながら都内へ通勤しています。

群れになった3頭

9月30日(金)

 

今朝も、家から見えるところに馬たちはいなかった。


外へ出て、放牧場のほうをライトで照らすと、陽が寝ていて、陽のそばに立っていた楽と詩がこっちを見た。
楽と詩は、こちらへ向かって歩き始めたが、陽が起きないので、途中で立ち止まって、なかなかこちらへ来ない。

 

陽が生まれる前、2頭のボスは詩だった。
人間が来ると、真っ先に詩が近づいてきて、その後ろを楽がついてきた。
そして、その人間がニンジンやリンゴや雑草をくれたら、詩が先に食べる。

 

でも、詩が人間が来たことに気づかないときは、楽が急いで近づいてきて、詩に気づかれる前に人間から何かもらおうとした。

 

陽が生まれてから、少し状況が変わった。
陽が寝ているときは、2頭ともその場から動かない。

 

これまでは、朝起きるともう窓から見えるところにいて、エサをせかすような状態だった。


最近、朝家の近くにいないのは、放牧場で陽が寝ていて、2頭が動かないからだろう。

 

陽が生まれる前は、詩がちゃんと育児をするのか、楽が子馬をいじめないか心配した。
でも馬たちは、思っていた以上にたくましく、3頭はすっかりひとつの群れになっていた。

 

 

陽が起きているときは、3頭でこちらを監視していることがある

f:id:yutakanakandonostage:20161002183748j:plain

 

にほんブログ村 その他ペットブログ その他ペット 多頭飼いへ
にほんブログ村

ペット・動物との暮らし ブログランキングへ