読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道産子(北海道和種馬)飼育日記

埼玉県で道産子3頭を飼育しながら都内へ通勤しています。

馬からのプッシャー

ゆうべ、楽はまだボーッとしていて、食欲もあまりなかった。
まだ出血が少しあるのだが、血が止まってしまうほうが怖い、と獣医さんが言っていた。

 

9月26日(月)

 

もう去勢が終わったので、3頭で放牧したままで一晩過ぎた。

 

これまでは、朝起きる時間になると、楽と詩は、家の中がよく見えるポジションに来て、人間の様子をうかがっていた。

 

「窓から馬が見えるなんていいですね」と言われることがある。


でも実際は、馬が人間を監視しているような状態で、詩なんかは待ちきれなくなると、「ブフフン!」と怒ったような声で、人間を呼びつける。

 

今朝は、馬たちは家の中から見えるところにはいなかった。

 

きのうの手術後、獣医さんが抗生物質を打ったのだが、今日も「獣医さんの指導のもと」打つようにと、注射器を置いていっていた。


朝は気ぜわしく、通常の世話だけでいっぱいなので、帰ってから打つことにした。

 

 

家の中から見た風景。まだ陽が生まれる前、エサを待つ詩と楽。

f:id:yutakanakandonostage:20161002183112j:plain

 

にほんブログ村 その他ペットブログ その他ペット 多頭飼いへ
にほんブログ村

ペット・動物との暮らし ブログランキングへ