読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道産子(北海道和種馬)飼育日記

埼玉県で道産子3頭を飼育しながら都内へ通勤しています。

楽の去勢

9月25日(日)


今日は、朝10時ごろ獣医さんが来て、楽の去勢をすることになっている。
獣医さんに、朝はエサをやらないよう言われていた。

詩だけにエサをやるわけにもいかず、2頭とも去勢が終わってからやることにした。

 

去勢は簡単な手術だと聞くのだが、麻酔のミスで、足に麻痺が残ってしまったという事故もあるらしい。
なので、去勢の名医だと評判の先生にお願いした。

 

朝10時、獣医さんが来た。

はじめに、馬房で麻酔の前段階になるという注射をした。
これで15分待ってから麻酔を打つそうだが、効き目は3分ぐらいなのだそう。

 

15分後、楽の頭に無口と引き手を2本付け、少し広いところで、ということで、丸馬場へ連れて行った。

いよいよ麻酔を打つ。


刺している時間が少し長かったので、楽が暴れないか心配したが、大丈夫だった。

注射し終わると、引き手の片方を獣医さんが持ち、もう一本を私が持った。


すぐに効いてきて、楽はふらふらし始め、バタンと倒れた。

 

獣医さんは、私に手術道具を置いたトレーを持っているように言うと、すぐにメスを取り、切開をはじめ、あっという間に取り出した。
切ったまま縫わなくてもいいそうだ。

 

手術が終わると、消毒液をスプレーで吹きかけ、楽の頭をバンッと叩いた。
楽はびっくりして目を覚まし、立ち上がった。

 

あとは水道の近くに連れて行って、水で洗い、終了。

 

楽は何事もなかったかのように落ち着いて馬房に入った。

 

夕方まではエサをやらないように言われたが、もう3頭で放牧しても大丈夫だし、明日、もう一度抗生物質を注射すれば、消毒などもしなくていいということだった。

 

手術はやっぱり見ていて強烈だったが、無事に終わってホッとした。

 

 

楽と陽。これからは安心して3頭一緒に放牧できる。

f:id:yutakanakandonostage:20161002101057j:plain

 

麻酔を打った楽

にほんブログ村 その他ペットブログへ
にほんブログ村

ペット ブログランキングへ