道産子(北海道和種馬)飼育日記

埼玉県で道産子3頭を飼育しながら都内へ通勤しています。

やんちゃな子馬と寂しい父馬

昨晩は、詩と陽を馬房に入れて、楽だけを放牧していた。

 

陽は生まれて間もない頃は、人間のことを多少警戒していて、触ろうとすると逃げることも多かった。
最近は、掃除をしていると、興味津々な様子で近づいてきて邪魔をする。

 

人の服を噛むのも好きで、噛んで頭を横にブンブン振っている。
子犬と同じような感じだ。
歯が生える時期で、かゆいのかもしれない。

 

それに、気に入らないときには後ろ足で蹴ってきたり、後ろからドンッと鼻で突いてきて、振り向くと逃げていったり…。


どんどんやんちゃになってきた。


9月21日(水)

 

出勤前に、放牧場を区切り、楽を放牧場側、詩と陽を馬房側で放牧した。
幸い、この日は曇りの予報だった。

 

会社から帰宅後、詩と陽を馬房に入れて、放牧場を区切っている扉を開けた。

 

楽は、馬房近くまで走って戻ってくると、興奮した様子でしばらく跳ね回っていた。
2頭と離れているのは、とても寂しかったのだろう。

 

楽は詩と陽の馬房から離れず、一晩中ずっと近くにいたようだった。

 

f:id:yutakanakandonostage:20160925220638j:plain

 

f:id:yutakanakandonostage:20160927222910j:plain

 

 

にほんブログ村 その他ペットブログ その他ペット 多頭飼いへ
にほんブログ村

ペット・動物との暮らし ブログランキングへ