読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道産子(北海道和種馬)飼育日記

埼玉県で道産子3頭を飼育しながら都内へ通勤しています。

子馬の陽と母馬の詩と父馬の楽

9月13日~16日

朝4時半起きで、馬たちの世話をして会社へ行く生活が再開。

8月はこの時間でも明るかったけど、今は真っ暗。

作業に追われて、ゆっくり馬の様子を観察できないまま出勤する。

 

母が昼間、楽を馬房に入れて、詩と陽を1時間くらい放牧してくれた。

詩のほうは、子馬との生活がだいぶ慣れてきたようで、陽が少しくらい離れても、あまり気にしなくなったようだ。

 

夜、帰宅してから詩と陽を放牧すると、陽は最初はいつも元気に走りまわる。

つんのめって逆さになるほど豪快にコケたりもする。

でも、ちょっとはしゃぐと、すぐ寝てしまう。

 

相変わらず、エサをやっているとき、詩が乳を飲まれるのを嫌がって、陽を蹴ったりして怒ることがある。

そうすると陽は、飼い桶に近づいてきて牧草を食べるマネをする。

もしかすると詩は、牧草を食べる練習をするよう、うながしているのかもしれない。

陽はまだ歯も生えてないので、牧草をクチャクチャ噛んでは、ペッとはいてしまうけど。

 

詩と陽が馬房にいるときは、楽がよくのぞいている。

2頭のことが気になって仕方がない様子。

陽が生後間もないときは、詩は気が立っていたのか、のぞいている楽に噛み付いたりしたが、それもなくなった。

 

馬房の中から見たのぞき魔、楽。

f:id:yutakanakandonostage:20160924103309j:plain

 

外から見たのぞき魔、楽

f:id:yutakanakandonostage:20160924103358j:plain

にほんブログ村 その他ペットブログ その他ペット 多頭飼いへ
にほんブログ村

ペット・動物との暮らし ブログランキングへ