読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道産子(北海道和種馬)飼育日記

埼玉県で道産子3頭を飼育しながら都内へ通勤しています。

子馬、初めての放牧

9月11日

赤ちゃんは、日に日に、というより、時間ごとに、どんどん歩き方がしっかりしてくる。
目も見えてきているようだが、たまに物にぶつかったりしている。

 

詩がエサを食べているとき、赤ちゃんが乳を飲もうとすると、詩が嫌がって赤ちゃんを蹴ることがある。
育児ストレスかと心配になる。


赤ちゃんのほうも、馬房の中をピョンピョン走り回るようになった。
生まれてから丸2日、詩と赤ちゃんは馬房に入れておいたけど、母子ともに気分転換をさせようと、少しだけ外へ出してみた。

 

赤ちゃんは、詩が外へ出ても、最初は怖がってヒンヒン母馬を呼んで、なかなか外へ出てこなかった。

 

父馬の楽は、初めて赤ちゃんと触れ合うことになる。
最初は何事もなく落ち着いているように思えたが、赤ちゃんが勢いよく走り出すと、楽が威嚇するような走り方で後を追いかけて行った。
それをまた詩がエキサイトして追いかけ、楽を蹴り上げたり、ちょっと危ないと感じる場面があった。


楽は、まだこの子馬がどういう存在なのか認識していないようだし、詩のほうも、放牧どころじゃなく、気が気じゃないようで、しばらくして自分から馬房に帰ってしまった。

 

30分程度だったけど、赤ちゃんは疲れたらしく、馬房でぐっすり寝てしまった。

 

にほんブログ村 その他ペットブログ その他ペット 多頭飼いへ
にほんブログ村

ペット・動物との暮らし ブログランキングへ