読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道産子(北海道和種馬)飼育日記

埼玉県で道産子3頭を飼育しながら都内へ通勤しています。

お父さんと一緒

陽は最近、父親の楽と一緒にいることが多くなった。

 

楽は、陽のことを自分の子どもとは認識していないと思うけど、自分のエサを陽が食べていても怒らないし、一緒に遊んで昼寝して、仲良くしている。

 

母親の詩のほうは、陽と一緒にエサを食べていると、陽を鼻で押し出したり、威嚇したりすることがある。
こちらは、自分の子供という認識はあるはずだけど、もう一人前と判断していて、他の大人の馬に対する態度に近づいていっているのかもしれない。

 

陽はだんだん活発になってきていて、噛んだり飛び掛ったりという遊びをするようになった。
もちろん、人間に対してそんなことをしては困るけど、楽は陽にとって、思う存分遊べる相手にもなっている。

 

詩に飛び掛ったりすることはあるが、詩はめんどくさいのか相手にしない。
楽は陽と噛み合ったり、追いかけっこになるまで付き合っている。

 

楽も2才、まだまだ子供なので、お互いにいい遊び相手になっているんだと思う。

 

 

寝ている陽に近づいてきた楽。

f:id:yutakanakandonostage:20170111233615j:plain

 

楽に飛び掛って遊ぶ陽。

f:id:yutakanakandonostage:20170111233646j:plain

 

にほんブログ村 その他ペットブログ その他ペット 多頭飼いへ
にほんブログ村

ペット・動物との暮らし ブログランキングへ

馬たちとマコっちゃんとオダちゃん

楽がうちに来たのは、2015年1月、生後8ヶ月のときだった。

 

広い牧場で自然交配によって生まれた楽は、人に触られた経験がほとんどなかった。
うちに来てから、毎日少しずつ体に触るようにして、だんだんブラシをかけたり、タオルで体を拭いたりすることができるようになっていった。

 

鞍を付けられるようになると、今度は馬房の中で、跨がったり降りたりを繰り返し、いよいよ人が乗って引いて歩く段階にきた。

 

これまでは、ひとりでも何とかなったけど、誰かが乗って、誰かがリードを引くとなると、もうひとり必要になる。

 

というわけで、この冒険的な挑戦に付き合ってくれたのが、馬房を作ってくれた大工さん、そして、放牧柵を作ってくれた車屋のマコっちゃんだった。

 

以前、ボランティアをやっていた牧場で知り合った2人だけど、彼らは修繕などの仕事をしていて、直接馬に関わることはなかった。
それでも、馬たちのことを大切に思ってくれていて、いざというときは、いつも力になってくれた。

 

大工さんが週末に来ていた頃は、どちらかが乗って、どちらかが引くという練習をしていた。
最初はほんの数メートル、慣れてくると、丸馬場で1周2周と引いて歩けるようになった。

 

ところが、大工さんが会社の社長になってしまい、忙しくてしばらく来られなくなってしまった。

 

そこで、マコっちゃんに助けを求めた。
マコっちゃんは、さらに助っ人を連れて来てくれた。
放牧柵を作るときも手伝ってくれた、友達のオダちゃんだった。

 

もうある程度、引いて歩くことはできていたけど、この日、2人が来てくれたことで、私の手が空いて、初めて写真を撮ることができた。

 

ちょっと心配したけど、2人に懐いていた楽は、落ち着いて歩いてくれた。

 

やっとここまで来たんだなあと、忘れられない、思い出の日になった。

 

 

うちに来た頃の楽。タヌキみたいな顔をしていたので、タヌ吉と呼んでいた。

f:id:yutakanakandonostage:20170111003618j:plain

 

だいぶ大きくなった楽。マコちゃんに鞍の付け方を説明して、馬房の中で付けてもらった

f:id:yutakanakandonostage:20170111003738j:plain

 

引いて歩くところを撮れたのは、これがはじめてだった。

f:id:yutakanakandonostage:20170111003810j:plain

 

にほんブログ村 その他ペットブログ その他ペット 多頭飼いへ
にほんブログ村

ペット・動物との暮らし ブログランキングへ

陽の大人の馬になる練習

先日、群馬の柴崎さんのところにやってきたアオ君を見て、ちょっと驚いてしまった。

 

アオ君は、生後8ヶ月で、馬運車の乗り降り、引き馬も当たり前にできていた。

 

アオ君は、かんな馬の会という、有志で馬を飼育している団体で生まれた子で、陽とは同い年になる。
馬の会では、種付け→妊娠→出産→子馬の調教まで、何度か経験がある。
どの馬も、とても大人しく乗ることも出来る。

 

春に生まれたアオ君のほうがお兄さんだけど、それにしても、かんな馬の会は子馬のしつけが上手だなと思った。

 

生後4ヶ月になった陽。
うちもちょっとずつやらねば、と思った。

 

生まれたばかりのときに少しだけやってみたけど、最近は全然やらなくなってしまった引き馬の練習。
久しぶりに、陽の頭に無口というロープでできた輪っかを付けて、リードで引いてみた。

 

陽はリードで遊ぶのが大好きで、よく夢中でかじっている。
このときも、引いてついて来た、というより、リードで遊んでいただけのような気もするが、とりあえず少しだけ引いて歩くことが出来た。

 

これからまた少しずつ練習してみようと思う。

 

リードを噛む陽。

f:id:yutakanakandonostage:20170109231406j:plain

 

時々、人間の足を枕に寝ようとするときがあるけど、重い。

f:id:yutakanakandonostage:20170109231443j:plain

 

 

にほんブログ村 その他ペットブログ 

その他ペット 多頭飼いへ
にほんブログ村

ペット・動物との暮らし ブログランキングへ

馬の反抗

あっという間に過ぎていく正月休み。
最後の休みになる3日。

 

この日はとりあえず、調子が悪いまま放置していた監視カメラをどうにかしようと思った。
一度外して、無線LANの設定をしなおしたら、無事復活した。
ちょっとスッキリした。

 

もうひとつ、気になっていることがあった。

 

最近、楽に知り合いが乗った時のこと。

 

最初、ゆっくり歩かせていた時は、何の問題もなかった。
ところが、いざ速足をさせようと楽に指示を出したところ、少しだけ速足をした後、パタッと止まってしまった。
駆け足も同じで、楽の気分でパタッと止まってしまう。

 

乗り手の指示に従わない理由はいろいろあると思うけど、たぶんマズイ状況だなと思った。

 

そう思いつつ、こちらも放置状態だった。

 

いい天気だし、今日思い切ってやってみようと、楽に乗った。

 

楽は、速足になると、やっぱり気分次第で止まってしまった。
「速足!」という声に、楽は、ヤダヤダとゴネて動かない。

 

こちらも熱くなってきて、「速足!ほらっ!行けー!進めー!」と声もデカくなる。
楽は、ヤダヤダヤダヤダ!と、後ろ足を蹴りあげたり、軽く跳ねたりする。

 

ちょうど母が帰ってきて、えっ、何やってるの?と呆れた顔で見ている。

 

あまり熱くなってしまうと、馬のほうもエキサイトして、ロデオが始まってしまう場合がある。

 

だけど、こちらがヘタに負けてしまうと、ますますワガママになってしまう。
悪くすると、歩いているときでも、気分次第で突然暴走する可能性もある。

 

しばらく根比べを続けた。
時間はかかったけど、そのうち速足も駆け足も、何とか継続できるようになった。

 

本当だったら、しばらくこれを毎日やったほうがいいのだろうけど、平日は難しい。
また週末にやってみて、様子をみることにした。



工具をおっかなびっくり観察する詩と陽

f:id:yutakanakandonostage:20170105222940j:plain

 

すっかり歯が生えた陽は、固いものでもかじるようになった。母のヘルメットもかじる。

f:id:yutakanakandonostage:20170105223231j:plain

 

もっと小さいころ、やわらかいボールをかじっていた

f:id:yutakanakandonostage:20170105223350j:plain

 

にほんブログ村 その他ペットブログ 

その他ペット 多頭飼いへ
にほんブログ村

ペット・動物との暮らし ブログランキングへ

馬たちと修繕

まだまだ寝正月気分の2日。
馬房を作ってくれた大工さんが遊びに来た。

 

久しぶりにいろいろ話した後、何かやることがあったらやっていくよと言ってくれたので、馬房の壊れていた電気を取り替えてもらった。

 

LEDの電気は、明るくて長持ちするというので気に入って使っていたが、中国製ということもあってか、実際は1年程度で壊れてしまう。
仕方なく、工事現場などで使われる投光器を代わりに使っていた。

 

新しいLEDの電気は購入済みだったけど、どうせすぐ壊れるだろうと思うと、取り替えるのが面倒になっていた。

 

それでも、取り替えてもらった新しいLEDの電気は、投光器よりずっと明るく、作業もしやすい。
ありがたい仕事だった。


ところで、大工さんが帰るとき、玄関外の雨どいの中から、バタバタ…バタバタ…と音が聞こえた。
何だろう…ネズミ…?まさかヘビ…?


雨どいが埋まっている地面を掘り返してみると、近くの浸透桝につながっていることがわかった。

 

その浸透桝のフタを、大工さんがスコップでおそるおそる開けてみると…

 

スズメがバタバタッと飛び立っていった。

 

スズメは雨どいに落ちてしまったらしい。

雨どいに網でも被せたほうがいいのかなと思いつつ、酉年の正月だなと実感。

大工さんもホッとした様子で帰っていった。

 

 

生後4ヶ月で歯もしっかり生えそろった陽

f:id:yutakanakandonostage:20170104214301j:plain

 

大工さんの仕事を見守る詩と陽

f:id:yutakanakandonostage:20170104214412j:plain

 

玄関先の雨どい。この中から音が聞こえた。

f:id:yutakanakandonostage:20170104214506j:plain

 

雨どいから、この浸透桝につながっていた。フタを開けるとスズメが飛び立った。

f:id:yutakanakandonostage:20170104214556j:plain

 

にほんブログ村 その他ペットブログ その他ペット 多頭飼いへ
にほんブログ村

ペット・動物との暮らし ブログランキングへ

馬頭観音へ初詣

すっかり寝正月気分で迎えた元旦。

 

知人が初詣のついでに立ち寄った。
これから、馬頭観音に行くという。
一緒に着いていった。

 

東松山市上岡にある馬頭観音は、鎌倉時代の創建と伝えられ、軍馬や農家馬の守り観音として 古くから信仰をあつめてきたそうだ。

 

混んでいるのではないかと思ったが、ガラ空きで、ご祈祷もすぐやってもらえた。

 

今年はよい年になりますように。

 

 

ひたすら食べてる詩と、完全寝正月の父子。

f:id:yutakanakandonostage:20170104000534j:plain

 

馬房の東側に昇った初日の出

f:id:yutakanakandonostage:20170104000719j:plain

にほんブログ村 その他ペットブログ その他ペット 多頭飼いへ
にほんブログ村

ペット・動物との暮らし ブログランキングへ

よいお年を!

今日は、知り合いがお子さんを連れて遊びに行った帰りに寄ってくれたので、ちょっと詩に乗ってもらった。

おやつをねだる詩と陽。

f:id:yutakanakandonostage:20161231220219j:plain

 

今年は、年明けに父が倒れ、6月に他界し、人を見送ることの大変さを実感しました。


会社のほうも、人がやたらと入れ替わり、4人の部署ですが、今年のスタート時のメンバーは、来年の年明けには私以外全員入れ替わっているという、いまだ明るい先行きが見えない状況です。


しかも昨年から今年にかけては、腰を痛めてしまい、満足に歩くことも出来ない状態が10月まで続きました。

 

9月に陽が生まれたとき、今年に入ってはじめて、明るい希望を感じたような気がします。
この子の成長を記録しておきたいという気持ちになって、ブログを思い付きではじめました。

 

思いがけなかったのが、いつも見ていただいた方がいたり、コメントをいただいたりしたことでした。
私のほうも、みなさんの思いの込められたブログを拝見するのが何より楽しみになりました。
お世話になったみなさま、本当にありがとうございました。

 

馬たちを見ていると、いつもマイペースで、シンプルで、でも豊かな感情を持っていて…。
改めて気づいたこともたくさんありました。

 

これからも、馬たちのことをいろいろ記録していくことができたらいいなと思っています。
来年もよろしくお願いします。

 

どうかよいお年をお迎えください!

 

 

大きな袋を発見。おいしいものは入っているのかしら…?

f:id:yutakanakandonostage:20161231220757j:plain

来年もマイペースなんだろうな…この子たちは。

f:id:yutakanakandonostage:20161231220857j:plain

にほんブログ村 その他ペットブログ その他ペット 多頭飼いへ
にほんブログ村

ペット・動物との暮らし ブログランキングへ